2020年 QQQに集中投資しました。1年経ってその結果は?

投資体験記

2020年 QQQに集中投資しました。1年経ってその結果は?

投資を始めて何度も方針を変更してきましたが、中でも大きかったのがVOOからウェイトを移した、昨年のQQQへの集中投資でした。

この方針で1年が経ち、果たしてどうなったか。

QQQに投資するまでの流れ

ざっくり説明すると

2020年2月からQQQを買い付けしていましたが、その時点ではサテライト的な位置付けで

投資額の10%を目安にしていました。

そして2020年、あのコロナショックをむかえるわけです。

各銘柄、それはもう壊滅的な落ち込みでしたが、その中で健闘した成績を見せていたのがQQQです。

それをきっかけにQQQをくわしく勉強して、これはメインの投資先に成り得る!と判断し

7,8月に一気に1,500万円を追加したわけです。

くわしくは下記の記事を参照してください。

投資方針変えます! VOO・QQQ・VIGの比率を変更 QQQに集中投資
これまで米国ETFのVOO/VIG/QQQに投資して、中でもVOOをコア資産として集中投資してきました。これを今回見直します。投資方針変えます! VOO・QQQ・VIGの比率を変更 QQQに集中投資これまで...

1,782万円投資して含み益274万円

2月から8月までに合計1,782万円を買い付け

12月末時点での含み益は274万円

利回り 15.4%

タイミングはダメダメだったのですが

QQQのグラフを見ていただくと分かりますが、2020年はQQQ 40%超えの伸びでした。

上の濃い青線がQQQ 下の水色線はVOO

私が投資したのはコロナショック前の2月と4,5,6月

そこに投じた金額は相対的に小さく

コロナショックから復活して、ずいぶん値上がりしてぐんぐん伸びきった7、8月に9割近い金額を入れました。

コロナショックで底値だった3月、一番肝心なこのタイミングではコロナショックに恐怖を覚え、指をくわえて見守るだけ

何一つ買えませんでした。

そんな、ダメダメな投資タイミングでありながら年末には15%超えの利回りを達成できたのですから

本当に下手な投資家にもやさしい相場だったんですね。

あとは、スケールメリットにも助けられました。

これを書く2021年1月21日現在ではQQQの含み益は367万円 利回り 20.5% になっています。

これからもショックにも手放さず、QQQはガチホの方針です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました