ウェルスナビ #5 外国税額控除の還付のお知らせが来ました

ウェルスナビ

ウェルスナビ #5 外国税額控除の還付のお知らせが来ました

ウェルスナビからのメール

2020/6/10 届きました

要は外国税額控除の還付金返還

完全に解約して終わったものとばかり思っていたウェルスナビからのメールで驚きました。

昨年8月以来でしょうか。

運用していた米国ETFからの分配金に源泉税の還付があったとのことです。

もしも、あのままウェルスナビを続けて、投資の勉強をしないままだったら

ウェルスナビの言うまま、何の疑いもなく、お知らせさえ読まないで放置していたかもしれません。

そう思えば、自分でも成長したものです。

投資の勉強をして、投資信託を自分で運用するようになって1年

外国税額控除の還付手続きを自分でできるようにもなりました。

ああ、あれね、あれが還付されるんだね。

では、さっそくいくら還ってくるのか見てみましょう。

銀行口座に入金がありました

私が契約していたのは正確には「ウェルスナビ for ソニー銀行」なので

ソニー銀行に入金されます。

さあ、最大115万円運用していた米国ETF、いくら還付があったでしょう。

還付金 104円

妥当な金額だと思います。

完結した契約ですから、還付する義務もないでしょうが正直に連絡して返金してくれるあたりウェルスナビの誠意を感じます。

ありがとうございました。

これで本当の本当にウェルスナビシリーズは完結です。

ウェルスナビ #1 ソニー銀行から申し込み、投資を始めました
ソニー銀行をきっかけにまたはじめての世界を知りました。ロボアドバイザーってなに?今どきのロボットは投資もおまかせできます。
ウェルスナビ #2 本当にほったらかし出来る投資ってすごい
事前に調べ自分の意志ではじめたウェルスナビ。これから長い付き合いになりそうな予感がします。二人三脚でゴールを目指します!
ウェルスナビ #3 やめることを決めた2つの理由
長くつづくと思っていた関係。言葉にできないこころのもやもやを誰かが言葉にしてくれたら別れる決断ができました。自分で投資信託をはじめたらどんどんまわりが見えてくるようになりました。ウェルスナビをやめた理由は単純です。
ウェルスナビ #4 解約の手続きと運用成績を発表
解約を決めてからどういう手続きをすればいいか解説します。簡単な手続きで解約はスピーディにすすみました。もしも運用を休止するだけなら、もっと簡単。出金するだけ。そうでない方は口座解約をしっかりしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました